新しいカスタマイズ・低コストのQSQSfor奉行 株式会社ジープロシューマーズ
奉行 カスタマイズ QSQSFor奉行 

奉行 カスタマイズ ジープロシューマーズ
本部へGO!
勘定奉行のOBC


 HOME製品概要>受注発注同時登録処理


受注伝票 データの登録と 同時に、発注伝票 データを 自動生成可能 なため、伝票入力の 手間が省けます。

●業務フロー

※「受注発注同時登録」で登録された受注と発注伝票を、売上と仕入伝票にリレーする事が可能です。

●受注伝票入力

受注伝票入力の際に、仕入先が入力可能となっています。
仕入先を入力して受注伝票を登録した場合、商品の原価を仕入単価として発注伝票が同時に登録されます。
(仕入先を入力しない場合は、受注伝票単体で登録がされます。)

受注伝票単体で登録済みの伝票に対して、仕入先を入力して修正登録を行うことで発注伝票を新規登録することができます。

同時登録されている受注伝票に対して、仕入先を空白にして修正登録を行うことで、該当発注伝票を削除することができます。

◎発注伝票データの自動生成
  ・入力されている明細をすべて同一の仕入先にまとめます。
  ・自動生成された発注伝票データは奉行の発注伝票入力で訂正可能ですが、受注伝票入力にて、受注伝票
   データを訂正登録した場合は、受注伝票データから同発注伝票データが訂正登録され、受注伝票入力から
   の自動生成が優先されます。
   (発注伝票データが上書きで訂正登録されます。)

 ・受注伝票データを削除した場合、関連付けされている発注伝票データも同時に削除されます。但し、標準の
   発注伝票入力にて削除されている場合は、削除出来ないので、削除は実行されません。
   (受注伝票データの修正登録時でも、既に登録済みの仕入先コードを未入力にして修正登録した場合、登
   録済みの発注伝票データは削除されます。)

 ・登録済みの受注伝票データを表示した際、標準の発注伝票入力にて、関連付けされている。
   発注伝票データが訂正・削除されている場合は、警告メッセージが表示されます。
   (修正ボタンを実行した際に、判定チェックが行われます。)
   ※発注伝票データが訂正されているかどうかの判定は、以下の通りとします。
   [発注伝票データ]修正登録日が存在していて、[受注伝票データ]修正登録日と異なる時
   但し、受注伝票データの修正登録後の、同一日の発注伝票データが訂正されているかどうかの判定は行
   いません。(奉行の仕様上、行えない為、運用カバーとする。)

開始月は無料とし、翌月より月額 21,000円 の定額自動振替にてご利用頂けます。ただし、初期費用として、 84,000円 を別途お支払い頂きます。(税込)

※保守費用(電話、メール対応)、バージョンアップ費用(奉行21Ver.5のリビジョンアップに対応)、微細なカスタマイズ(弊社指定部分のカスタマイズに限ります)は月額利用料に含みます。また、訪問での保守、導入指導、インストールをご希望の場合は別途オプション対応します。

 ( 訪問保守、訪問指導、訪問インストール・・・・・・各 31,500円 + 旅費交通費)

 別途ご相談下さい。


●カスタマイズ調整可能箇所

・入力項目の使用可、不可の調整
 例:担当者は使用しないので入力不可にするなど。(必須項目に対して行うことはできません。)

●システム制限事項

1.各日付項目などの年の入力は、売上伝票入力以外は、西
    暦での入力となります。
    奉行の設定で、和暦設定を行っても反映されません。
2.商品マスタの数量小数桁は、2桁までならば、任意で設定
    可能です。
3.短縮登録機能はありません。
4.伝票入力中の得意先登録を行うことはできません。
5.伝票入力中の商品登録を行うことはできません。
6.伝票検索画面の検索項目に制限があります。 
 ・日付の検索は、それぞれの受注日・売上日のみとなります。
 ・伝票番号の検索は、それぞれの伝票番号のみとなります。
 ・プロジェクトコード、信販コード、注文コード 
  利用者指定、直送先指定での検索は行えません。
7.伝票検索画面からの印刷、転送処理を行うことはできませ
    ん。
8.得意先検索画面の検索項目について、台帳インデックス、
    区分での検索は行えません。
9.担当者検索画面の検索項目について、区分での検索は行
     えません。
10.商品検索画面の検索項目にについて、台帳インデックス、
     区分での検索は行えません。
11.F2[情報]ボタン機能を使用することはできません。

12.得意先マスタ・仕入先マスタの税込区分設定は、9:商品優
     先に固定されます。
  (それぞれで、指定しても9:商品優先として処理を行います。)
13.受注伝票、発注伝票、売上伝票、仕入伝票リストには対応
     していません。
14.初期設定画面に制限があります。
  ・前行倉庫表示、得意先登録、商品登録、伝票同時発行、登
    録確認、消費税入力確認、粗利計表示、単価0で原価入
    力、リレー時摘要表示、 通し番号表示、通し番号印刷を行う
    ことはできません。
  ・前回単価自動表示、前回原価自動表示は、得意先別単価
    登録が優先されます。
  ・原価表示は常に表示されます。
  ・プロジェクトは常に表示されます。
  ・備考は常に表示されます。


対応 OS、バージョン等
  ・対応 OSは、奉行対応OSに準じます。
  ・スタンドアロン版には対応していません。
  ・奉行 21 LANPACK,、新ERPシリーズのVer.W、Ver.5に対応しています。
  ・クライアント数は、20台までです。20台以上の場合は、別途ご相談ください。
  ・バージョンアップは、21シリーズVer.5のリビジョンアップまでの対応となります。

■注意事項 
  ・お支払方法について、別途ご相談承ります。
  ・契約は一年毎で、費用は月々指定の口座より自動振替となります。
  ・途中解約を希望される場合は、残月分を一括でお支払いいただきます。
  ・カタログに記載された内容および製品の仕様は改良のため、予告なく変更することがあります。
  ・Windowsは、Microsoft Corporationの登録商標です。 
  ・奉行シリーズ各製品は、株式会社オービックビジネスコンサルタントの登録商標です。


Copyright(c)2009株式会社ジープロシューマーズ.All Rights Reserved